日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

11月CVS売上高、中食好調がプラスの要因に

小売 統計・分析 2019.01.09 11817号 04面

 日本フランチャイズチェーン協会(=JFA)の18年11月度CVS(コンビニエンスストア)統計によれば、既存店売上げ伸び率は前年同月比0.6%増と2ヵ月ぶりで前年を上回った。

 気温が高めに推移して行楽需要などで、カウンター商材や弁当、おにぎり、麺類など中食が好調で日配食品が1.2%増と前年を上回ったため。

 チェーン別ではセブンイレブンの既存店売上高は0.6%増と前年を上回った。客数は0.5%減だったが、客単価が1.1%増でカバーしたため。ファミリーマートの既存店売上げも0.1・・・
[全文は電子版会員登録を]