日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

セブンイレブン、一部の店舗で夜間休業実験

小売 ニュース 2019.03.11 11846号 03面

 セブン-イレブン・ジャパンは一部の店舗で夜間一時休業の実証実験を3月中旬から行う。顧客の利便性や従業員への影響や作業、物流の効率化、売上げや収益などを検証するという。物流も実験の対象になっているため、配送業者など取引先も対応が求められそうだ。結果次第で夜間休業が広がった場合、物流や製造など商品供給体制も対応を求められる可能性がありそうだ。

 同社は4日に店舗の省人化を推進するプロジェクトを設けたほか、加盟店オーナー向けに業務代行サービスや人材派遣など支援制度も周知する。

 (山・・・
[全文は電子版会員登録を]