日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

愛知県調理師会、「子ども食堂」運営に全国初参入 食の楽しさ、料理人の夢を持つ機会に

外食 ニュース 2018.05.09 11697号 04面

 【中部】経済的事情などで、家庭で十分な食事がとれない子どもに無料、または低額で食事を提供する「子ども食堂」は現在、全国に2200ヵ所以上あるといわれる。近年では、地域内での“子どもの居場所”としても期待されているこの「子ども食堂」の運営に6月から“食のプロ集団”である愛知県調理師会(本部=名古屋市、磯村義安会長)が運営に乗り出す。

 「子ども食堂」の運営は従来、ボランティアやNPO法人、社会福祉法人が主体で、調理師会の参入は全国でも例がない。調理師は食文化から栄養、衛生管理に・・・
[全文は電子版会員登録を]