日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

和食月間スタート 和食文化国民会議、2000校で和給食

外食 キャンペーン 2015.11.11 11271号 03面

森山裕大臣と協力体制を確認した和食会議役員(左から服部幸應理事、江原絢子副会長、熊倉功夫会長、森山大臣、伏木亨会長代行、村田吉弘副会長)
森山裕大臣と協力体制を確認した和食会議役員(左から服部幸應理事、江原絢子副会長、熊倉功夫会長、森山大臣、伏木亨会長代行、村田吉弘副会長)

 和食文化国民会議(和食会議)は全国2000校で和食給食、量販店で3万超のチラシを配布、11月の和食月間を盛り上げる。5日の月間キックオフ発表会で明らかにした。今後は2万校での和給食、会員商品の展開強化を推進し、和食の保護・継承を具現化する。

 和食会議は、11月24日の和食の日を含む11月を和食月間に設定。24日の学校給食を和食献立にし、汁物をだしが感じられるすまし汁にしてもらう「だしで味わう和食の日」を提案している。協力校には児童向けだしテキスト、教師用説明資料を提供して食・・・
[全文は電子版会員登録を]