日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新トップ登場:ヤマサ醤油・石橋直幸社長 顧客専門化に迅速対応

味噌・醤油 インタビュー 2017.04.17 11513号 01面


 ヤマサ醤油は3月24日、石橋直幸常務取締役を代表取締役社長に昇任させた。創業370年を超える社史は、国産ソースや瓶入りストレートつゆを初めて開発するなど、革新を連続。近年でも醤油の酸化を防ぐ、鮮度容器で先駆け、成熟市場で価値提案を果たしている。39歳と若い新トップが市場へどんな風を吹き込むのか。抱負と展望を語ってもらった。

    *

 前社長で伯父の濱口道雄会長とは、私の人事予定を一切話し合わなかった。当社は成長のかじ取りを間違えば、先行きが分からなくなる事業規模。昨秋に就任・・・
[全文は電子版会員登録を]