日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

2019新春の抱負:日本醤油協会・濱口道雄会長 次世代とともに運営

味噌・醤油 インタビュー 2019.01.09 11817号 06面


 バブル崩壊後、長らく低迷を続けた日本経済にようやく薄日が差し出した平成も、いよいよ終わりに近づき、新たな元号のスタートとなる19年が始まりました。

 昨年のロシアワールドカップ後、若手メンバーを中心に発足した、サッカーの新生・森保ジャパンが素晴らしいスタートを切ったように、業界全体にとって今年が、次世代につながる有意義な1年となることを、心から祈念します。

 新元号の時代には、言うまでもなく情報技術の目覚ましい発展や、人工知能のさらなる発達が社会にも食品産業にも、ますます大きな・・・
[全文は電子版会員登録を]