日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新トップ登場:永谷園・五十嵐仁社長 筋肉体質経営で利益生む

水産加工 インタビュー 2019.04.10 11860号 01面


 ●食場面で新価値

 「筋肉質な経営体質にして利益を生む」。永谷園社長に就任した五十嵐仁氏は抱負を語り、収益を安定、向上する長期の成長戦略を探る。生命線とする新価値は、消費者に意味のある食シーンを提供して生み出す。「お茶づけ海苔」など数々のオリジナル商品を開発した創業者から、入社以来直接指導された。後天的遺伝子という価値創造力を経営に生かす。

 直近の経営課題は人手不足でコストが高まる物流問題とし、組織変更など多方面から改革する。現状では原材料や人件費などの高騰を補えず、生産効率・・・
[全文は電子版会員登録を]