日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

木村屋總本店、WS事業の「構造改革」結実 18年11月期増収増益

印刷
Facebook
2018.12.18 10:54 配信

 木村屋總本店のホールセール(WS)事業の18年11月期(17年12月~18年11月)の業績は増収増益で着地した。13年4月に経営共創基盤から同社に派遣され、同年10月代表取締役副社長に就任した福永暢彦氏が中心となって進めた、WS事業の「構造改革」が実を結んできている。福永氏は就任以降、「ジャンボむしケーキ」「あんぱん」など同社が得意とする商品を徹底的に強化。さらに、関東圏を中心とする中堅規模の製パンメーカーという同社のポジションを強みととらえ、大手にも小規模製パンメーカーに・・・
[全文は電子版会員登録を]