日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

トーホー、創業70周年の18年1月期計画は売上高2140億円 第四の柱事業も立ち上げ

印刷
Facebook
2017.03.17 17:14 配信

 【関西】トーホーの18年1月期は進行中の中計「IMPACT2017」の最終年度、さらに創業70周年、関東進出20年、AP事業開始30年の節目を迎える。DTB事業での得意先見直しやスーパー事業再建途上で減収増益となった前期結果から、連結予想は売上高2140億円(前年比2.0%増)、営業利益30億円(同4.3%増)、売上高営業利益率1.4%、ROEを5.5%に見直した。

 設備投資は前年を上回る37億円を計画。また、中計の重点施策の一つで「新たなビジネスモデルの創生・育成」として・・・
[全文は電子版会員登録を]