日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スターバックス、日本国内展開をさらに強化 国内初「リザーブ ロースタリー」2月オープン

印刷
Facebook
2018.11.09 10:11 配信

 スターバック・コーポレーション(米国)は日本国内展開のさらなる強化策を8日に発表した。日本で年間100出店を今後3年間継続して2021年末までに1700店舗展開を目指すほか、日本初の焙煎機併設店舗「スターバックスリザーブロースタリー(以下ロースタリー)」を19年2月28日にオープンさせ、利用者の利便性が高まるデジタル施策も強化する。

 1996年8月に東京・銀座に日本1号店を出店したスターバックスコーヒーは現在、世界4番目の規模となる1392店舗を日本国内で展開している。同社・・・
[全文は電子版会員登録を]