日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

三輪山本、「手延べ低糖質そうめん」を本格流通へ

印刷
Facebook
2018.09.14 10:58 配信

 【関西】三輪山本は「手延べ低糖質そうめん」(A-92)を7月に本社併設の直販店で1000パックの数量限定で先行販売。好評をうけ、来年4月から小売店向けに正式発売すると発表した。低糖質の「機械麺そうめん」は広く流通しているが「手延べそうめん」の分類では「業界初の商品化」(同社)とした。

 同社は「こだわりであるコシや食感、喉越し、ゆで延びし難い、など機械麺では実現が難しい手延べの特徴を残しながら、低糖質という新たな条件を高い次元で満たす開発は、苦難の連続だった。低糖質でも手延べ・・・
[全文は電子版会員登録を]