日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日東ベスト、経常益30%増 商品構成見直し寄与

印刷
Facebook
2017.05.19 11:29 配信

 日東ベストの17年3月期末連結業績は、売上高が前年比4%減513億5400万円となったものの、利益面は商品構成の見直しや生産効率の改善などが寄与して営業利益27.7%増15億5000万円、経常利益30.2%増16億5500万円、純利益52.3%増11億5900万円となった。部門別売上げは、冷凍食品が2.2%減408億8400万円、日配食品が12.3%減76億6700万円、缶詰が5%減28億200万円。また自己資本比率は33.4%に上昇した。

 今期は売上高523億円、営業益1・・・
[全文は電子版会員登録を]