日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

CJジャパン、冷凍ギョウザ市場に攻勢 韓米両国で一大シェア

印刷
Facebook
2017.09.25 15:04 配信

 韓国の食品大手CJジャパンは、同社が展開するグローバルブランド“bibigo”を冠した冷凍ギョウザの日本での販売を強化している。商品は1kg袋入りの「bibigo 王餃子 肉&野菜」「同 キムチ」2品。韓国の対日本輸出認定工場で生産している。今春から外資系大型ホールセラーや東京都内の地場スーパーなどで扱い始め、コンシューマー商品としても流通。その後も宅配業態やスーパー惣菜向け、C&C店舗などを中心に採用が進んでいる。

 “bibigo”の餃子シリーズは「王餃子」以外でも展開し・・・
[全文は電子版会員登録を]