日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

極洋など4者、AIで工程見える化 実証実験で成果

印刷
Facebook
2018.02.13 15:55 配信

 極洋と加工子会社の極洋食品は、NECソリューションイノベータ、東北大学大学院工学研究科情報知能システム研究センターと共同で、17年8月から11月にかけて水産加工品の生産工程の”見える化”に関する実証実験を行い、生産効率の向上につながる成果を得た。13日発表した。

 実証実験は、極洋食品塩釜工場(宮城県塩竈市)のエビフリッターやコロッケ・フライラインで実施。生産ラインを撮影したカメラ画像をAI(人工知能)技術を用いて診断し、生産個数の計測や2級品の検出などの精度の検証を行った。・・・
[全文は電子版会員登録を]