日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

テーブルマーク、魚沼水の郷第二工場が稼働 87億円投じ冷凍うどん製造

印刷
Facebook
2018.04.16 13:27 配信

 冷食大手のテーブルマークは、新潟県魚沼市で稼働している魚沼水の郷工場の敷地内に「第二工場」を新設し、12日から稼働を開始した。投資総額は約87億円。業界で初めて全製造工程を自動化するなど最新鋭の設備を導入し、市場シェアトップの冷凍うどん群を製造する。

 同社は持続的な利益成長の実現に向け、効率的な生産体制の構築を目的として、21年までをめどに国内生産体制の再編を進めている。既存工場を対象に新工場棟の設立、新規ラインの導入、既存ラインの移設を順次実施しており、今回の第二工場建設・・・
[全文は電子版会員登録を]