日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本缶詰びん詰レトルト食品協会、17年国内生産量 レトルト食品が過去最高 水産缶は原料難で減産

印刷
Facebook
2018.06.22 10:21 配信

 17年(1~12月)の缶詰・瓶詰・レトルト食品の国内生産量を20日、日本缶詰びん詰レトルト食品協会が発表した。それによると、缶詰はスーパー売場を主体とする丸缶(飲料除く、以下同)が前年比2.8%減21万4635tだった。瓶詰は0.3%減6万1855t。レトルト食品は2.8%増37万4597tと過去最高を更新した。けん引したのはカレーで、同じく過去最高となった。

 レトルト食品の国内生産量は14年の36万7647tを上回って最高を記録。うちカレーは2%増15万6245tと増産を・・・
[全文は電子版会員登録を]