日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素冷凍食品、ギョーザをバラエティー化 唐揚げは新ブランド立ち上げ

印刷
Facebook
2018.07.12 15:30 配信

 味の素冷凍食品は8月12日発売の家庭用秋季新商品で、主力商品「ギョーザ」を刷新した上で同系列の新2品を加えてバラエティー化する。他方の柱である鶏唐揚げカテゴリーは、新ブランドを立ち上げて新2品をラインアップする再編を実施する。10日、東京都内の発表会で下保寛常務・マーケティング本部国内統括事業部長が主要テーマとして説明した。

 単品売上高が200億円に迫る「ギョーザ」だが、下保氏は「おいしさの進化とターゲットおよびオケージョンを拡大するラインアップ強化により、さらなる市場拡大・・・
[全文は電子版会員登録を]