日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本水産、台湾で冷凍枝豆新工場 グループ大明食品が稼働

印刷
Facebook
2019.03.05 10:04 配信

 日本水産のグループ企業で、ニッスイブランドの冷凍枝豆を生産する大明食品工業(蔡敬虔董事長、台湾高雄市)の第二工場が1月から本格稼働した。既存第一工場の老朽化に伴い新設し、生産能力の増強と安全性や衛生管理の高度化を図った。最大で年間1万2000tの生産が可能で、台湾でも日本においても最大級の冷凍野菜工場だ。

 日本の冷凍枝豆市場は拡大を続けており、近年は食べ切りサイズから業務用の大容量品まで商品規格も多様化している。新工場はそうしたニーズに応じ、柔軟かつ効率的な生産も得意とする・・・
[全文は電子版会員登録を]