日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本水産、養殖ブリが機能性表示食品 生鮮魚では2件目

印刷
Facebook
2019.03.12 15:46 配信

 日本水産(ニッスイ)のグループ養殖会社、黒瀬水産が生産する養殖ブリ(冷凍品、区分上は「生鮮食品」)がこのほど、機能性表示食品として消費者庁に受理された。生鮮魚としてはマルハニチロの養殖カンパチに次いで2件目となる。商品名登録は「活〆(かつじめ)黒瀬ぶり ロイン200g」で、商品化の時期は未定。機能性成分EPA・DHAを一定量含有し、中性脂肪を下げる機能や記憶力を維持する機能がある。

 ニッスイはEPAを使用した機能性表示食品ブランド「海から、健康EPAlife(エパライフ)」・・・
[全文は電子版会員登録を]