日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

農水省、プラスチック全体の循環へ有識者懇談会を開催

印刷
Facebook
2018.10.12 09:57 配信

 農林水産省はプラスチックの資源循環拡大のために有識者懇談会を設置、29日に第1回会合を開く。海洋生物への影響もあって、外食チェーンの一部で廃止などが始まっているストローだけでなく、食品産業が利用しているプラスチック全体の問題に踏み込む。3R(リユース、リデュース、リサイクル)の推進、生分解性プラスチック利用のための研究開発などを検討。食品産業における企業・業界団体の自主的取組みを加速させる狙い。

 懇談会は農水省の食料産業局が設置。食品や容器包装のリサイクルに詳しい神戸大学の・・・
[全文は電子版会員登録を]