日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

農林水産物・食品輸出額 加工品は確実な伸び 見えてきた1兆円

印刷
Facebook
2019.02.08 10:04 配信

 農林水産省が8日に公表した2018年の農林水産物・食品の輸出額は9068億円、前年同期比で12.4%増、今年の目標である1兆円が見えてきた。関税番号で分類されている加工食品だけでも3100億円を超え、17.7%増で確実に伸びていて輸出を支えている。

 農林水産物・食品の輸出額は関税番号で分類されていて、乳製品が畜産品に分類されている。輸出に占める食品産業の位置付けは極めて高い。

 加工食品のうち清涼飲料、アルコール飲料、ソース混合調味料などは香港、中国など東アジア各国への輸出金・・・
[全文は電子版会員登録を]