日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素社の新製品 新市場創造を再始動 働く女性の野菜摂取に照準

印刷
Facebook
2019.01.11 10:24 配信

「かけてチン♪温菜おかず〈コクうま黒酢味〉(左)」と「同〈バーニャカウダ味〉」の2品種
「かけてチン♪温菜おかず〈コクうま黒酢味〉(左)」と「同〈バーニャカウダ味〉」の2品種

 味の素社が家庭用の新製品による新市場創造を再始動した。働く女性の野菜摂取に照準を合わせた電子レンジ専用液体調味料2品種と栄養バランスバー2品種をそれぞれ特許出願中の技術を活用して開発した。同社は、経済価値の創出で社会の共通価値の拡大を目指すASV(味の素グループ・シェアード・バリュー)に基づく企業経営を推進しており、家庭用食品事業ではスマート調理、食の伝承、野菜摂取、共食などの共通価値を追求している。今回の新製品による新市場創造の取組みでは、スマート調理、野菜摂取の価値拡大・・・
[全文は電子版会員登録を]