日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ショウガ漬原料、作付けは例年並み 価格は前年を上回るか

印刷
Facebook
2018.07.12 15:31 配信

 ショウガ漬原料は、タイと中国が主産地で、現地からの情報によれば、作付けはおおむね例年並みで推移している。ただ最低賃金上昇や種ショウガ、生鮮ショウガの価格が高めとなっているため、ショウガ漬原料価格も前年を上回りそうだ。

 タイの18年度産ショウガ作付けは例年通り3月上旬からスタートした。栽培農家にとっては3年連続で価格が希望通りにならなかったが、生鮮ショウガの販売が順調で、全体の作付面積は前年並みとなっている。

 北部は水田ショウガが減少した一方、山ショウガが増えた。中部は、畑、・・・
[全文は電子版会員登録を]