日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東京中央漬物、取締役に若手起用で新体制

印刷
Facebook
2018.07.20 13:25 配信

 東京中央漬物の皆川昭弘社長は、18日に開催した「2018C-Zジョイフルフェア」で記者会見し、若手を起用した新体制を発表した。齋藤正久取締役営業部常務、古海利明取締役総務部常務、藤原静子取締役海外事業部部長がそれぞれ就任し、皆川社長を加え4人の常勤取締役となった。

 社長就任から11、12年になるとして「社内を顧みないできたが、9月に70歳を迎える。老害も出始めるだろう。若いスタッフ、後進に早く譲った方が良い。3、4年前から計画していた。2、3年で体制を整えたい」と述べた。

 ・・・
[全文は電子版会員登録を]