日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

全漬検JAS格付数量3.7%増 新規認証のキムチ工場が寄与

印刷
Facebook
2018.08.10 16:15 配信

 全国漬物検査協会(全漬検)の17年度(17年6月~18年5月)JAS格付数量は、前年比3.7%増の2万0584tだった。ボリュームの大きい「キムチ」が同8.7%増だったほか、「刻みたくあん漬」が同5.6%増、「調味梅干」5.5%増となった。

 前々年末に新規認証した白菜キムチJAS工場の本格稼働が大きく寄与した。一方、「しょうゆ漬け類」などは天候不順による厳しい原料不足、原料高で前年比1割減となった。

 依頼検査実績は1891件、2万0584tで、前年の1936件、1万9848・・・
[全文は電子版会員登録を]