日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

はせがわ酒店と蔵元4社、日本酒の容器革命に挑戦 輸出のさらなる拡大にも貢献

印刷
Facebook
2017.08.10 12:01 配信

4品それぞれに高級感あるラベルデザイン
4品それぞれに高級感あるラベルデザイン

 東京の有力酒販店・はせがわ酒店が、日本酒の容器革命に乗り出す。蔵元4社とともに、高いバリアー性を持つPETボトル入りのプレミアム日本酒を17日から発売する。国内の新規ユーザー獲得に加え、海外輸出のさらなる拡大にも貢献しそうだ。

 市販酒のトップを決める「サケ・コンペティション」を運営するなど日本酒のイメージ向上に尽力してきた同社。人手不足などで物流コストが高騰する中で、長谷川浩一社長は「ガラス瓶は重く破損の危険がある。酒類業界で容器革命は急務で、品質を損なわない軽量容器の採用・・・
[全文は電子版会員登録を]