日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

オエノンHD、17年12月期は本格焼酎好調も甲類、チューハイ苦戦で減収

印刷
Facebook
2018.02.14 10:54 配信

 オエノンホールディングスの17年12月期決算(連結)は、主力の本格焼酎が好調だったものの甲類焼酎やチューハイ、清酒が苦戦し、売上高が前年比0.6%減の787億3900万円、営業利益が10.9%減の18億5300万円、経常利益が1.3%増の19億600万円となった。

 セグメント別の酒類事業の売上高は1.3%減の704億5000万円。発売35周年を迎えた「博多の華むぎ」を中心とする本格焼酎が2.9%増の243億2000万円と好調だった一方、甲類焼酎は3.1%減の153億1000・・・
[全文は電子版会員登録を]