日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

アサヒビール、PETで高炭酸実現 スポーツ時の飲用拡大へ ノンアル「ドライゼロ」から新提案

印刷
Facebook
2018.06.12 10:57 配信

 アサヒビールは今夏、PETボトル(500ml)入りで高炭酸のノンアルコール飲料「ドライゼロスパークリング」を発売する。リキャップできる利便性を訴求し「アウトドアやスポーツ時の飲用シーンを広げたい」(黒木誠也マーケティング本部長)考え。今期は7月3日から8月末までの期間限定。海の家でのサンプリングを予定しているほか、20年には「東京五輪でも販促を積極化したい」(同)など意気込みを示す。

 17年に年間で697万cs(大瓶換算、前年比7.1%増)を販売した「ドライゼロ」の派生品。・・・
[全文は電子版会員登録を]