日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

アサヒビール、高アルRTDで“鮮度”訴求 「もぎたて」にビールの知見活用

印刷
Facebook
2019.03.22 15:27 配信

 高アルコール度数RTDの競争が激化する中、アサヒビールがビールで培った“鮮度”訴求に乗り出す。主力ブランド「もぎたて」に、同社RTD初となる“鮮度マネジメント”を今年から導入。発売4年目にしてブランドの本来的な価値を再訴求することで、あらためてトライアルを喚起にしたい考えだ。

 4月のリニューアル発売を前に、東京都内に期間限定バーをオープンしたほか、街頭サンプリングやイベントを各地で展開し1年を通じて認知向上に努める。

 今回の刷新では、従来の特徴である24時間以内搾汁に加えて・・・
[全文は電子版会員登録を]