日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

みやぎ生協、宮城県からコープフードバンクに寄贈 おでん缶など災害備蓄品

印刷
Facebook
2018.12.14 16:16 配信

 【東北】みやぎ生協は、宮城県から災害備蓄物資の一部をコープフードバンク(FB)に寄贈され、14日、県庁前で贈呈と積み込み作業が行われた。FBは2012年4月に設立され、食品メーカー、卸などから余剰食品の提供を受け、社会福祉団体、施設に寄付してきた。現在食品提供企業・団体は109、提供施設・団体は313に上る。

 贈呈に当たり県管財課の戸引崇課長は「県は13年から5ヵ年計画で備蓄を行い、5年に一度のローテーションで県内のさまざまな団体へ寄贈している。みやぎ生協とは16年に包括協・・・
[全文は電子版会員登録を]