日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

世界の飢餓人口は増加、8億2100万人に 国連報告書

印刷
Facebook
2018.09.14 10:59 配信

 飢えに苦しむ人々は8億2100万人、1億5000万人以上の子どもたちが発育阻害の状況にある--11日、国連が発表した「世界の食料安全保障と栄養の現状」報告書(18年版)は、世界の飢餓人口増加は続いており、17年には8億2100万人、9人に1人が飢えに苦しんでいるとしている。

 17年には5歳未満の約1億5100万人の子どもが栄養不良により低身長とされており、12年の1億6500万人に比べて、それほどの改善が見られない。地域別では、39%がアジア、55%がアフリカに住んでいる。・・・
[全文は電子版会員登録を]