日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

サントリー食品インターナショナル「天然水」ブランドがトップに 28年ぶり首位交代へ

印刷
Facebook
2019.01.16 10:10 配信

 サントリー食品インターナショナルは15日、「サントリー天然水」ブランドが国内清涼飲料市場において18年の年間販売数量がナンバーワンになった(飲料総研調べ)と発表した。1990年から、国内の清涼飲料トップブランドだった「ジョージア」(コカ・コーラシステム)に代わり、28年ぶりに国内清涼飲料市場の首位が交代する。

 消費者の高まる健康志向などを背景に、近年、ミネラルウオーター(MW)市場は伸長を続ける中、同ブランドも1991年の発売以来、成長を続けており、16、17年には2年連続・・・
[全文は電子版会員登録を]