日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ボーソー油脂、食用油を価格改定 採算圧迫などで

印刷
Facebook
2017.09.13 11:00 配信

 ボーソー油脂は12日、食用油価格を改定することを発表した。菜種の調達コスト増や仕入れ価格上昇などで採算が大きく圧迫しているためで、10月2日出荷分から業務用斗缶で1缶当たり300円以上、加工用ローリーでkg当たり20円以上本体価格を値上げする。

 同社では1月から価格改定を実施していたが、周辺環境がさらに悪化。主原料の菜種はカナダの高温乾燥や中国を中心とする旺盛な需要を背景に、ウィニペグ相場が高値圏で推移している。またカナダドル高の進行で輸入コストが大幅に上昇、物流費や包材資・・・
[全文は電子版会員登録を]