日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

家庭用食用油市場 需要構造が過渡期に 健康プラス情緒価値で生食に追い風

印刷
Facebook
2018.06.14 15:23 配信

 家庭用食用油の需要構造が、過渡期を迎えている。本来の加熱媒体としての用途に加え、“そのままかける(あえる)”などの「生食」消費が加速的に拡大、全体規模を大きく押し上げている。同傾向は15年からの健康的価値への見直しを契機とするものだが、18年は「楽しさ」や「おいしさ」などの情緒的価値が徐々に浸透、追い風として注目される。潜在需要は500億円に届くといわれていた生食需要だが、これを上回る可能性も出てきた。

 生食需要はかねてオリーブ油などで一定規模を確保していたが、15年のサプ・・・
[全文は電子版会員登録を]