日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

食用油市場 コスト環境、全方位で逆風 安定供給へ価格適正化

印刷
Facebook
2019.03.20 14:58 配信

 食用油業界のコスト環境に全方位で逆風が吹いている。食品業界全般で共通する物流費やエネルギーコスト、人件費、資材価格の上昇に加え、原料面でも大豆相場は上昇基調が続き、菜種(キャノーラ)も新穀の油分低下が採算を直撃。さらにカナダドルや米国ドルの為替状況もマイナスに働いており、ミール価格も下落。かねて価格適正化が予想されていた同業界だが、安定供給を継続させるため、参入各社では家庭用・業務用製品の価格改定(値上げ)を実施する。

 価格改定は6月3日からとJ-オイルミルズが18日、日華・・・
[全文は電子版会員登録を]