日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

仏・ボルドー、ブドウ収量4割減 91年以降26年ぶり

印刷
Facebook
2018.04.17 16:53 配信

 フランス屈指のワイン生産地であるボルドーで、ワイン用ブドウの収穫量が大きく減少した。度重なる自然災害の被害を受け、17年の収量は前年比4割減の350万hl(4億6600万本分)。91年以降26年ぶりの低収量で、17年産ワインの価格上昇が懸念される。17日、ボルドーワイン委員会が会見で明らかにした。

 17年4月ごろに発生した霜害や夏季の嵐によって深刻な被害を受けた。一方で、広報ディレクターのクリストフ・シャトー氏は「今年のボルドーワインの対日輸出量は例年と変わらない見込み。価・・・
[全文は電子版会員登録を]