日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ケンコーマヨネーズ、第3四半期は新工場稼働で増収

印刷
Facebook
2019.02.18 11:18 配信

 ケンコーマヨネーズの2019年3月期第3四半期連結決算は、増収減益だった。売上高は、サラダ・惣菜類の減少や自然災害による影響があったものの、ダイエットクック白老の新工場、関東ダイエットクック神奈川工場の稼働で微増となった。一方で利益は新工場立ち上げから軌道に乗せるまでの関連費用、原材料価格の高騰や人件費上昇などの要因で減益となった。引き続き、売上高増加に伴う工場の操業効果をはじめとした原価低減や、経費削減などの利益改善を進める。

 第3四半期連結累計期間(18年4月~12月)・・・
[全文は電子版会員登録を]