日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

森永乳業、第2四半期は過去最高益 アイスとチーズが売上げけん引

印刷
Facebook
2017.11.14 17:16 配信

 森永乳業の18年3月期第2四半期連結決算は増収増益だった。利益項目は、上期では全て過去最高を更新。プロダクトミックスの改善、販促・広告費の効率化、アイスクリームとチーズの伸長が営業利益に寄与した。売上高は、親会社単体では減収も、子会社が好調で全体として微増。今後は予定している神戸工場・新製造ライン(18年4月稼働)、利根工場・新棟建設(17年着工、19年稼働)への設備投資を進めるなど「来年度以降につながる主力商品に積極的に費用を投入する」(大貫陽一常務取締役)。

 上期は売上・・・
[全文は電子版会員登録を]