日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

森永乳業、家庭用高単価アイスの一部で価格改定 ビエネッタ、パルムなど

印刷
Facebook
2017.12.15 10:54 配信

 森永乳業は18年3月1日出荷分から、高単価の家庭用アイスクリームの一部で価格改定を行う。対象となるのは「ピノ チョコアソート」(10ml×24粒)、「ビエネッタ バニラ」(530ml)、「ビエネッタ ティラミス」(同)、「PARM アーモンド&チョコレート」(58ml×6本)の4商品。それぞれ希望小売価格(税別)を、現行の500円から10%値上げして550円とする。

 同社によると、アイス商品の主原料となる乳原料や包装資材の価格高騰、物流費の上昇などに対して、自助努力が追いつ・・・
[全文は電子版会員登録を]