日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分北海道、「缶つまJAPAN」第3弾 道産のエゾシカ肉を発売

印刷
Facebook
2018.04.20 16:40 配信

 国分北海道は地域密着卸として、道内の素材を生かした「缶つまJAPAN」シリーズの第3弾2品を発売する。いずれも原料に道産のエゾシカ肉や豚肉、調味料などを用い、エリア色を明確に出せる商品に仕上げた。

 「缶つまJAPAN 北海道産エゾシカ肉トマト煮」は道産のエゾシカ肉を道産トマトピューレ、香味野菜、ワイン等でじっくり煮込んだ。エゾシカ肉は「エゾシカ食肉事業協同組合」(北海道斜里郡)が認証する食肉処理施設で処理されたものを使用。道産トマトピューレの甘味と爽やかな酸味が、柔らかなエ・・・
[全文は電子版会員登録を]