日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分グループ本社、青果事業拡大へ新会社 調達・販売・流通加工機能を発揮

印刷
Facebook
2018.10.11 11:09 配信

 国分グループ本社は生鮮分野の強化へ向け、12月1日付で青果物の調達・販売、流通加工などを幅広く担う新会社「国分フレッシュリンク」を発足する。同社にグループの青果卸・ベストフーズ大田を統合し、30年度に30億円の売上げ規模を目指す。

 国分は生鮮事業における事業領域の拡大を目的に、大田市場の仲卸免許を保有するマ

ルヤ(東京都大田区)

の全株式を取得。同社を国分フレッシュリンクに社名変更し、ベストフーズ大田の事業も統合する。資本金は2000万円。

 国分フレッシュリンクは大田市場におけ・・・
[全文は電子版会員登録を]