日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

コープあいち、西尾センター新設 「三河一色産うなぎ」の資源対策活動始動

印刷
Facebook
2018.04.17 14:12 配信

 【中部】愛知県全域をカバーする生活協同組合コープあいちは、愛知県西三河地区の新たな拠点で14ヵ所目となる「西尾センター」(西尾市)を新設。13日に中村健西尾市長も参加し開所式を行った。また、同時に同市と「災害支援協力に関する協定」を締結。さらに、絶滅危惧種に指定されているウナギの資源対策を目的に、同市一色町の特産品「三河一色産うなぎ」の資源対策協力金の寄付活動を5月から行う。

 西尾センターは、既存の安城センター(安城市)と三ヶ根センター(蒲郡市)を老朽化などの理由で閉鎖し、・・・
[全文は電子版会員登録を]