日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マックスバリュ東海と中部が合併、SM事業3000億円体制構築

印刷
Facebook
2018.10.11 10:08 配信

 【中部】マックスバリュ(MV)東海とMV中部は10日、経営統合に向けた基本合意書を締結し、名古屋市の名古屋証券取引所で合同記者会見を行った。合併日は19年9月1日、MV東海を存続会社とし、東海・中京圏の7県(神奈川、山梨、静岡、愛知、岐阜、三重、滋賀)に展開する売上高3000億円強(ディスカウント〈DS〉業態を除く)の大規模小売業が誕生。将来的に5000億円を目指していく。本社所在地や代表者、社名などは未定。合併比率も第三者機関の算定結果を踏まえ、19年4月中旬予定の契約ま・・・
[全文は電子版会員登録を]