日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

18年度企業の設備投資、6割以上が実施の予定 帝国データバンク調べ

印刷
Facebook
2018.05.23 11:49 配信

 18年度に設備投資を行う計画がある企業は62.4%に上ることが帝国データバンクの調べで分かった。老朽化に伴う更新投資を目的にする割合が高く、増産・販売力強化や人手不足に対する投資も上位を占めた。企業規模が小さくなるほど設備投資の予定割合は低くなっており、中小企業については先行きの不透明感の払拭(ふっしょく)など経営環境の改善が設備投資拡大に向けた鍵になりそうだ。

 調査は帝国データバンクが4月16~30日にインターネットで実施した。調査対象は全国2万3118社で、食品・飲料メ・・・
[全文は電子版会員登録を]