日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

製粉大手4社業績 粉価改定の影響で減収 中食関連売上げは拡大

印刷
Facebook
2017.11.10 14:40 配信

 製粉大手4社の18年3月期第2四半期(4~9月)累計連結決算は、4社合計売上高が前年比1.2%減収、営業利益が同3.5%減益となった。うち製粉部門の売上高は、出荷数量は各社前年同期を上回ったが、粉価改定の影響で4社合計4.0%減収となった。

 日清製粉グループ(既報)は、国内小麦粉出荷が0.5%(5億円)増加したが、麦価改定に伴う粉価改定他42億円、ふすま価格3億円、海外売上げ他20億円のそれぞれ減収となり、製粉事業合計では前年比60億円減収となった。食品事業は中食・惣菜売上・・・
[全文は電子版会員登録を]