日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日清食品ホールディングス、上期業績順調 過去最高売上げ・利益更新

印刷
Facebook
2017.11.15 13:05 配信

 日清食品ホールディングスの18年3月期上期決算は、カップヌードルを中心とするグローバルブランディング化が進展し、過去最高の売上げ・利益を更新し順調に上半期を折り返した。通期は期初計画を修正せず、これを最低ラインとして売上げ・利益の拡大を図る。

 国内事業は、日清食品が昨年の高い売上げハードルをクリアして2.5%増収、10.1%増益となったのをはじめ冷食事業、明星食品なども利益貢献し、国内事業全体で売上高1882億円(前年比2.3%増)、営業利益162億円(同6.5%増)。一方・・・
[全文は電子版会員登録を]