日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本アクセス、チルド幹線物流網をより進化 全国網のパイプ太くし差別化へ

印刷
Facebook
2019.01.24 14:27 配信

 日本アクセスのチルド専用幹線物流網がさらに進化している。16年11月から北海道・関東エリアを結ぶ青函航路を活用した定期便をスタートし、新規発掘した道産品をこの2年間で拡充。得意先から消費者への差別化につながると高い評価を得て、取扱高規模は約20億円へ拡大した。今春は近畿から関東へのチルド幹線便も稼働し、全国幹線網のパイプをさらに太くする。規模を生かした圧倒的な商品調達力を駆使し、地域性豊かな商品を素早く全国へ届けていく。(山本大介)

 同社のチルド専用幹線物流ネットワークは、・・・
[全文は電子版会員登録を]