日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分グローサーズチェーン、協業増え年度末40店純増 商品も独自色

印刷
Facebook
2017.09.25 11:42 配信

 国分グローサーズチェーンは17年度下期に店舗数を増加する。年度末で純増数40店を計画する。京王ストアに加え、京成ストアとも協業が増え、企業系加盟店へ商品供給を増やす。下期の商品戦略も個店の競争力を高めるため、独自色を強める。非標準店向けの発注端末も導入し、加盟店支援を強化する。

 店舗開発について、横山敏貴社長は「9月から本格的に去年から温めてきた案件が開花する」と意気込みを示す。9月1日に京成ストアと組んだ1号店「リブレキッチン国府台店withコミュニティ・ストア」を開店し・・・
[全文は電子版会員登録を]