日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

セブンイレブン、環境・作業負荷低減の次世代店 最新技術で5.5時間削減

印刷
Facebook
2017.12.07 10:36 配信

 セブン-イレブン・ジャパンは本社ビル内の「セブン-イレブン千代田二番町店」(東京都千代田区)に最新技術を導入し、環境負荷低減、働きやすさと店内作業を省力化した次世代店として6日、リニューアルオープンした。38社から58種の最新設備を取り入れ、電力を約28%削減できるほか、作業性も1日当たり約5.5時間短縮できる。6ヵ月間の検証を経て新店や改装店を中心に全国の約1万9900店に順次導入する。さらに継続して47社72種の技術も導入を検討していくという。

 環境負荷低減では22種の・・・
[全文は電子版会員登録を]