日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

イオンリテール、TPP先駆けて豪州産牛値下げ 年末商戦に訴求

印刷
Facebook
2018.12.07 17:06 配信

 イオンリテールは30日に発効するTPP(環太平洋パートナーシップ協定)で豪州産牛肉などの関税が引き下がるのに先駆けて、対象となるタスマニアビーフを7日から値下げした。サーロインとリブロースのステーキ用ビーフを値下げして年末商戦に向けて、割安感を訴求する。価格改定の期間は来年2月28日までだが、それ以降も為替相場やコストの状況などを見て、購入しやすい価格で販売していきたい考え。他の品目も年明け以降に検討する。

 TPPは署名した11ヵ国のうち、日本、オーストラリア、ニュージーラ・・・
[全文は電子版会員登録を]